お出かけ

コミックマーケット、企業ブースってこんな感じ。

コミックマーケット、企業ブースってこんな感じ

お疲れ様です。のざかです。

先週末は仕事でコミックマーケット、いわゆる「コミケ」に参加しておりました。
弊社が企業ブースに出展していたのです。

オタクやらコスプレやら叶姉妹やらなんやら・・
で良くも悪くもニュースに出てくるコミケ。
私自身、大好きなアニメやキャラクターなどは無いので
特に興味のあるコンテンツは無いのだけど
『コミケ』というイベント自体はとても面白いなと思うので
書いておきます。
暇つぶしにでも読んで見てください。
主に企業ブース(下記参照)の方を書いています。

コミケって?

概要

コミックマーケット、通称「コミケ」。
春・夏それぞれ3日間行われる同人誌の頒布会です。
BLやアダルトのイメージが強いですがその他にも鉄道や戦車、色々なマニアが
それぞれの思いを冊子やグッズで表現し
それを好むマニアがこぞって買いに来る、そして交流するイベントです。
今回は8/10〜8/12の3日間ありました。
場所は東京ビッグサイト。
出展費用はがかかりますが、お客さんとして行く為の参加費は無料です。

サークルブースと企業ブース

サークルブース

個人で活動されている一般の方はサークル参加。
申し込んで抽選に当たるとコミケで出展できます。
サークル参加の方は開催3日間のうち、どれか1日の参加。

企業ブース

アニメ製作会社や版権を持っている会社が出展。
アニメ業界老舗のアニプレックスTYPE-MOON
や、パチンコ業界からの出展もあって、ジャンルは様々。
コミケ限定の商品を作って販売したり
声優さんをゲストに呼んでイベントをしたりします。
企業ブースは開催3日間通して出展です。

企業ブースのコミケは、設営日から始まっているのであった。

ブースが全部出来上がってないやないかーい
コミケ 設営

コミケ開催の前日は、設営日。
決められた時間に会場に入って、ブース内の準備を行います。

今回『C94』という名前だけあって、今まで93回開催されてきたコミケ。
オタク産業と呼ばれ世間の風当たりもまだまだ強い。
開催のたびに色々トラブルなどがあったらしく、消防署や警察などから厳重注意を受けていたらしい。
それを毎回注意していろんなルールができたようです。
それ故に他のイベントよりもルールがきびしい。

・ブースの看板も、必ず防炎のものでないと取り付け不可。
・イベント時の行列ができた場合の列はどのように作るのか、先に申請しておく。
・コスプレの露出が激しいものはパンストや全身タイツのようなものを着用
etc・・・
色々制限はあるのだけど、それだけ守られている、安全なイベントです。

コミケ当日。参加者、とにかく人がすごい・・!

まだ8時半なんですけど・・
c94 開場前

ドバーン
コミケ94

会場全てがコミケ。
コミケC94

3日間の参加人数、約50万人。
JR国際展示場の駅とビッグサイトまでの間、たくさんの人、人、人。
買いに来る人はお目当のサークルや企業の限定商品などを狙って始発で会場に向かいます。
コミケの「始発ダッシュ」という言葉があるように
駅の改札からコミケ会場の待機列先頭を目指して皆一心不乱に駆け抜けるのです。

コミケスタートの様子(企業ブース側から)

必死こいて行列の1番グループに入れた人たちは、コミケの運営の方達によって
整列されていきます。そして入場。
この入場列と開場の様子も名物となっております。
次の写真、右奥に注目。

開場1分前。
コミケ入場前1

開場!アナウンスが流れます。そしてなぜかいつも拍手が起こる。そしてゆっくりゆっくり入場。

「走らないでくださーい!」とスタッフさんが叫ぶ中、どんどん人が押し寄せて・・・

走っちゃダメだってばよー!(避難)

開場30分でこの状態
コミケ入場後

走ってしまう人、競歩スタイルでお目当の元に急ぐ人。
それぞれの人間の本質が映し出されています。

ここでコミケのまめ知識

出展者も来場者もみんな『参加者』。

サークルで出展する人→サークル参加者
企業ブースで出展する人→企業参加者
買いに来る人→一般参加者
コスプレする人→コスプレ参加者

みんな『参加者』で、みんな平等。
これ、コミケの1番のルールです。

運営の方は、ほぼボランティア。

企業ブースだけかもしれないですが
コミケ出展申し込みから当選した後
出展説明会があります。
これがコミケ開催の約2か月前の話。
その説明会もビッグサイトの大会議室で行われ、沢山のスタッフがいらっしゃいます。

主催者のコミケットのスタッフももちろんいらっしゃいますが
運営の方のほとんどがボランティア。
しかも毎回参加されている方もいらっしゃいます。
そして、みなさん誇りを持って参加されていて、私たちにもとても優しいです。
どんな質問でも丁寧に応えてくださいます。
さっき書いたように、他のイベントより規則が多く厳しいとの事ですが
それでも何とかやりたい事を実現させようとしてくれる。
こちらも迷惑かけられないぞ!って思っちゃう。

行列必須のブースは待機列が別です。

確実に行列が出来るブースは、一般の待機列とは別に
出展者別に待機列ができます。
これは開場前に案内が出ているので、みなさまご注意を。

開場前からブース別に待機している列は、その団体のままブース前まで
誘導されます。その時、他のお客さんがその待機列に紛れないように
示して歩くのが、噂の『手をあげて移動』になります。
本当にみんなルール守って手をあげて移動してるんですよ。

開場しても入場制限があります。

あれだけ人がいれば当然なのですが
10時開場から約2時間くらいは、中の様子を見ながら一般参加者を会場内に誘導しています。
それが解除されて、スムーズに入れるようになるのはおおよそ12時前くらいから。
「コミケ、ちょっと行ってみようかな・・・」
なんて人は、待機しなくてもいい午後からをオススメします。

豪快なフードコートメニュー

ビッグサイト周辺のコンビニは、コミケになると
商品全てエネルギーチャージ系のゼリーや
エナジードリンクに総入れ替えされたり・・と臨戦態勢。

会場内には移動販売の車が数店来ていたり、出店が出ている時もありますが
コミケ出展3回目にして初めてフードコートを訪れました。
コミケだからと言って、特別仕様ではないです。通常メニューで営業。
のはずなんだが・・・

魚ととのえびアボカドサーモンたまごサラダ丼
ビッグサイト 魚ととの丼

メニュー写真のまま出て来ました。
「まさかこんな豪快に出てくるはずは・・」
と思ったのが大間違い。
美味しかったけど、量が多くてお腹苦しくなった。

コスプレもあります。

コミケと言えばやっぱりコスプレ。
休憩時間にコスプレ会場を見に行ったのだけど、それはそれはすごいコスプレイヤーさんと
すごいカメラ小僧が沢山!
コスプレの再現率がものすごくて、感心しまくった。

この人たち、ほんとすごいカメラ持ってるんだぜ・・
コスプレ

企業ブースでは集客のためコスプレイヤーさんをブース前に立たせたりしています。

似てたらやばいよね。可愛いポプテで良かった。
c94 ポプテコス

日本郵政がブースを出していました。
しかもポプテピピックの切手やグッズを販売。
ね、コミケってとても不思議な空間でしょ?

ものづくりを楽しんでいる、とてもいいイベント。

まだまだオタク感の強いイベントだと思われているコミケ。
確かに思いの強い人が多いのだけど、その人たちの話を聞いているととても面白いです。
お客さんには親子連れで来られている方もちらほら。
アミューズメントパークに来ているようなラフな感じで見回っている人もいます。
入場無料なので、少しでもご興味ある方は是非一度足を運んで見て欲しいな。
先ほども書きましたが、午後の入場制限か解除になってからは
デートとしても利用して見ては?という感じです。

自分の好きなものを表現して創作
共有できる場所としてはとても平和なイベントだと思います。

次のコミケ、C95は冬。
企業参加の申し込みは8月23日まで。
12月29日〜31日の3日間。
また参加するようであれば書きたいな。
ちゃんと望遠レンズ持ってコスプレイヤーさんを撮影しに行くんだ、絶対!
(仕事仕事!)

会社に帰るまでがコミケです。閉会後、片付け時の写真。お疲れ様でした。